産後脱毛症に困ったら葉酸サプリを飲んで血行促進やストレス緩和に働きかけよう!

葉酸サプリ 産後脱毛症に困ったら葉酸サプリを飲んで血行促進やストレス緩和に働きかけよう!

産後脱毛症に困ったら葉酸サプリを飲んで血行促進やストレス緩和に働きかけよう!

葉酸サプリは、女性ホルモンのバランス崩れや不規則な生活習慣によって引き起こされる産後脱毛症の治療としても使えます。

 

葉酸には血や神経細胞を自ら作り出す機能があるので、滞った頭皮の血行促進や新しい毛を再生しようと育毛に働きかける役割を実は持ってます。

 

又、葉酸はビタミンの一種なので、心身に積もったストレスを取り除く働きにも定評があり、産後に頻繁に起こる抜け毛や薄毛の原因を出来るだけ取り除こうとしてくれる働きもあります。

 

現在は産後の女性用向けに育毛剤も販売されてますが、身体の内側から脱毛を克服したければ葉酸サプリを服用するのも有りでしょう。

 

育毛剤は成分が肌に合わなければ、頭皮がかぶれたり痒くなったりしますが、葉酸サプリは良質で適正価格のブランドを選べば安全に飲み続けられるので、肌が弱い人でも利用しやすいメリットがあります。

 

ちなみに葉酸サプリを上手く摂取するタイミングですが、胃の消化機能が活発に働いてる食事中が一番理想的です。

 

葉酸は脂肪分の多い食事と一緒に摂ると、空腹時より体内に吸収されやすい特質があるので、肉や魚を食べてる時が良い摂取タイミングと言えます。

 

一方で葉酸は水溶性ビタミンという特性上、1日の服用量を1度に摂取すると全て体内に吸収されずに尿や汗で外に排出される可能性もあるので、なるべく朝と夜の2回に分けて飲む事をお勧めします。

 

時期によって微妙に違ってくる葉酸サプリの摂取量の目安

 

妊娠中は葉酸サプリの摂取が推奨されていますが、その摂取量を意外に詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

 

よく聞くのが、厚生労働省が推奨している1日400μgといった目安量でしょう。

 

ですが、妊娠時期によってもこの目安量は微妙に違ってくるので、そのことを知っておく必要があります。

 

妊娠前から妊娠初期は、1日400μgの葉酸サプリの摂取が目安となっています。

 

妊娠初期とは、4週から7週をピークとし、さらに8週から15週目ぐらいまでの時期を言います。

 

ちょうどこの頃、胎児の脳や脊髄が成長し始める時期であることから、先天性疾患のリスクを予防するためにも葉酸不足を補う必要があります。

 

16週から27週の妊娠中期から妊娠後期にかけても胎児の造血に葉酸が関わってくることから、葉酸サプリの摂取が有効とされています。

 

この時期の摂取目安量としては、1日240μgとされています。

 

また、産後においても授乳によって葉酸が不足しがちになるので、サプリによる補充は有効とされています。

 

産後や授乳中の葉酸摂取量の目安は、1日340μgとされています。

 

ただし、葉酸は食べ物からも摂取することができます。

 

葉酸を過剰に摂り過ぎると、逆に副作用を発症する可能性もありますので、食べ物で摂取できる量も考えながら、バランス良く上手にサプリで補充することが大切です。

 

ちなみに、1日の上限量は1000μgとされており、それ以上の摂取量があった場合に副作用の恐れがあるとされています。